あざみ野リーガルオフィス(旧 佐藤司法書士事務所)

会社の登記

起業・会社設立を目指す貴方へ −創りたいのはどんな会社?−

会社を設立しよう まず、会社の基礎知識です。現在の法律で設立できるのは、「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類です。「有限会社」は、現在も存在しますが、新規に設立することは認められていません。
ヽ式会社
合同会社
9臾床饉
す膸餡饉
しかし、4種類の中で「合名会社」「合資会社」もあまり現実的でないのでここでは省きましょう。
 さて、残るのは「株式会社」と「合同会社」です。ここで貴方が創りたいのはどんな会社でしょうか?


【株式会社・代表取締役の肩書きが必要ですか?】
 現在も新規設立で圧倒的に多いのは「株式会社」です。
やはり見栄えが良いし、なんとなく取引上信用もありそうです。現在の法律では昔のように資本金が1,000万円以上、取締役が3名以上、監査役が1名以上必要ということもありませんし、社長には代表取締役というカッコイイ肩書きがつきます。

 他方、「合同会社」は、平成18年の法律改正で始まった会社ですから、まだあまり一般的ではありませんが、最大のメリットは、会社設立の登記費用が株式会社に比べ圧倒的に安く済むことです。
その他にも、株式会社と違って出資額の多少にかかわらず全員一致で会社の運営を決めたり、利益の配当を出資の割合と関係なく各人の働きや、会社への貢献度などによることとすることもできる会社です。
 これに対し最大のデメリットは、「会社」としての知名度が低い、会社の登記簿に書かれる社長の肩書きは「代表社員」というチョット聞き慣れないネーミングになってしまうことでしょう。

「株式会社を設立される方へ」
「合同会社を設立される方へ」



会社設立後も完全サポート

【会社設立後も完全サポート】

 会社は設立登記をして終わりではありません。
 事業を運営していく中で「本店を別の場所へ移したい」「役員を変えたい」「資本金 を増やしたい」等登記をした内容の変更が必要な場面や、法律の専門家の意見が聞い てみたいというような事が出てくるかと思います。
  ご連絡いただければ迅速に対応・アドバイスいたしますので、設立登記後のサポー トも当事務所にお任せください。→「会社経営者の方へ」


お問合せ

to top